脱毛に関する様々な疑問と回答をQ&A形式でご紹介します。

脱毛に興味があるけど不安や気になる点が多い。そんな男性の方へ向けて脱毛Q&Aをまとめました。
医療脱毛やサロン脱毛など幅広い方法を比較しながら解説しているので、きっと役に立ちますよ!

 

Q&Aと虫眼鏡

 

医療脱毛とサロン脱毛の違い

医療脱毛とサロン脱毛の違いは何ですか?やっぱり医療脱毛の方がいいのですか?

医療脱毛はレーザー脱毛機など強力な機種を使うことが認められています。
その分、初回は医師が診察を行い、施術は有資格者(主に看護師)が行わないといけません。
費用は高いですが、1回の施術効果が大きいので、少ない回数で脱毛が可能です。

 

サロン脱毛は光脱毛機が主流で医療脱毛に比べて弱いですが、1回の単価が安いです。
回数をこなすことで医療脱毛と同等の効果を得られ、昨今は男性専用に開発された強力なサロン用脱毛機が増えています。
医療脱毛に比べて劣るのは事実ですが、従来に比べて医療脱毛との差が減少してシェアを高めています。
また、次の項目で説明する電気ニードル脱毛はサロン脱毛の中でも特殊な存在です。

 

電気ニードル脱毛について

電気ニードル脱毛に興味を持っています。メリットとデメリットを教えてください。

電気ニードル脱毛は毛抜きのような要領で一本ずつ抜いて施術をします。
その際に電気の力を使うことで、抜く毛の毛細細胞を確実に破壊するため、医療脱毛と同等以上の効果を得られます。

 

通常の照射系は面積に応じて料金が決まりますが、電気ニードル脱毛は毛の本数に対して料金が発生します。
主に毛の量が多くない方や、ヒゲのデザイン脱毛などと相性が良いです。

 

つまりメリットは確実な効果とデザイン性
デメリットは時間とお金がかかることです。
なお、痛みについては通常の毛抜きに比べて半分以下に軽減されます。

 

脱毛費用の相場

脱毛はいくらくらいの予算を見ておけばいいですか?概算相場を教えてください。
ヒゲ3部位(アゴ・アゴ下・鼻下)
医療脱毛 6~8万円(例:SBCの3万円6回コース×2・ゴリラCL保証付きプラン68,800円)
サロン脱毛 5~10万円(10~20回の施術をする総額の相場)

 

ボディ(大部位)
医療脱毛 1~2万円/回
サロン脱毛 5千~1万5千円/回

 

ボディ(勝負医)
医療脱毛 5千~1万円/回
サロン脱毛 3~6千円/回

 

全身脱毛
医療脱毛・サロン脱毛 30~70万円

※医療脱毛・サロン脱毛ともに価格の変動幅が大きいです。ヒゲやVIOが含まれているかや回数・保証の有無を確認しておきましょう。

 

VIO脱毛
1回1部位 6千~1万5千円
VIO3部位脱毛完了コース 7~12万円

※VIO脱毛はクリニックの方が安いケースもあります。

 

どのくらい痛い?

痛いのが苦手です。クリニックの麻酔オプションなしでも耐えられますか?

痛みの感じ方は個人差が大きく、部位によっても異なります。鼻下・VIOは痛みが大きいので注意しましょう。
輪ゴムでパチンとされるような痛みと言われますが、あまりの痛みに発狂や気絶する事例は聞いたことがありません。

 

費用の安さを重視するのであれば麻酔オプションなしで挑戦するべきです。不安がある方はパッチテストをしてくれるサロンやクリニックを利用するとよいでしょう。
脱毛機によっては痛みをほとんど感じないタイプもあります。なお、肌が乾燥しやすい季節は痛みが大きくなるため、初回照射は湿度が高い季節をおすすめします。

 

痛みが少ない脱毛機の効果

痛みがほとんどない脱毛機でも効果はありますか?

痛みの少ない脱毛機の多くは、毛根よりも浅い部分にあるバルジ領域にアプローチし、照射した毛が寿命で自然に抜け落ちた後に生えてこなくなる仕組みです。
理論上は痛みを伴い照射してから5~10日前後で毛が抜け落ちるレーザー脱毛と同等の効果を得られますが、毛が太くて濃い男性の一部は脱毛・減毛の変化を実感しない口コミが散見されます。

 

痛みが少ない脱毛機で効果を得られるかは個人差がありますが、確実性を求める場合は痛みを伴って毛が抜け落ちるレーザー脱毛・強力な光脱毛をおすすめします。

 

日焼けと脱毛間隔

春から秋にかけて趣味で屋外活動することが多いです。日焼けは完全にNGですか?

また、毎年冬に1~2回の照射でも意味がありますか?

日焼けでも一部の痛みが少ないタイプの脱毛機(医療脱毛のメディオスター等)と電気ニードル脱毛機が可能です。
コスパが良い通常のレーザー脱毛や光脱毛は日焼けNGです。

 

冬だけ照射した場合も相応の効果を得られますが、毛周期のサイクルによっては2回目以降の効率が悪化します。
年に1~2回冬だけのペースでも、毛が生え揃ったタイミングで施術を受ければ大きな効果を得られます。

 

脱毛は適切なアプローチをした毛は二度と生えてこなくなるため、間隔を空けても毛周期で毛の量が少ない時期を避ければ問題なく、間隔を空けることで1回あたりの効果が高まる場合もあります。

 

なお、一部のクリニックやサロンはコース消化の有効期限があるので注意しましょう。小規模サロンの場合は時間をかけすぎると閉店リスクが高くなる点に気を付けてください。

 

腫れや赤みの肌トラブル

脱毛後は腫れや赤みが出ますか?仕事の休み時間や翌日に仕事がある日でも照射を受けて平気ですか?

痛みと同様に個人差があり、8割以上の人は施術直後に軽い赤みが出て、1~2時間経過すれば赤みが引いて元の状態に踊ります。
昨今はボディは服で隠し、ヒゲはマスクで隠す方が増えています。脱毛部位によっては初回のみ、翌日も休みの日に脱毛して様子を見るとよいでしょう。

 

なお、痛みや肌トラブルは肌が乾燥しているとリスクが高まります。肌の保湿をしっかり行えば腫れや赤みが長引くリスクを軽減できます。

ページの先頭へ戻る